会社概要

2018/6/13~16
インターモールド名古屋に出展しました。

2017/8
大型異材質加飾成形の量産成形を開始しました。

2016/11/25
日本フルードパワー学会に樹脂成型開発の実例を発表しました。

2015/1
大型異材質加飾成形の技術開発に着手しました。

2013/11/10
月刊金型新聞に紹介されました。

2013/10
大型ハイブリッド2色成形機KS-2C1200Eを社内に設備しました。

沿革



1945

創業者髙橋清(写真 前列右端)が、個人経営により髙橋精機工業所を創立し、順次ダイカスト金型及びプラスチック金型の製作を開始する

1952

資本金50万円にて株式会社髙橋精機工業所と改組、プラスチック成形機・ダイカスト鋳造機・各種油圧機器の製作を開始

1959

国産第一号の二色射出成形機完成(射出二連型)

1962

安城工場完成

1968

原型の多色射出成形の特許認可

1972

本社ビル完成

1975

多色(異材質一体)射出成形機の米国、西独の特許取得

1980

第10回機械振興協会「自動化機械開発賞」3次元NCブロー成形機で受賞

1984

中国大連市塑料工業公司と合弁会社 「株式会社ティ・ディ・モールドセンター」を設立

1988

現社長髙橋茂壽が就任する

1990

タイ国BDI社と合弁会社「バンコックトールアンドモールド社」を設立

1995

創業50周年

2009

トヨタ紡織技術賞受賞